どうせなら英語力0からマイナスにしてやろうか

語学

ハロー。ローファーです。

 

で、英語。英会話。

それは、己の挫折の歴史。

繰り返されるブーム。

部屋の片隅でうずくまっている英会話の参考書たち。

数か月から数年単位で繰り返し訪れる魔の英語ブーム。

数日から数週間で必ず終焉を迎える英語ブーム。

 

我々はなぜ、英語を話すことに固執し、英語を話せないことに劣等感を抱くのか。

仕事で必要だから?就職に有利だから?

・・・否、なんとなくカッコいいから(割とまじめに)

あわよくばモテたい(切実)、周りから賢く思われたい(切実)、

って思ってるんだろ?

そんなモチベーションで続くわけないじゃんwww。自戒。

 

そいで、俺のところに先日また来た。英語ブーム。空前の。

英語ブーム兄さんもさ、もう慣れたもんで。

「おう、また呼んだ?」っつて。

「今度は何日くらいやんの?」っつて。

俺も、英語ブーム兄さんちょっと聞いてくらぁさいよ、っつて。

英語話せるようにじゃん⇒街角で外国人に道聞かれるじゃん⇒答えるじゃん

⇒モテるじゃん。

と、熱弁ふるってやったんだけどさ、英語ブーム兄さんももう聞き飽きてんだろうね。

白目剥きながら、あーはいはいはいなるほど、なるほどはいはい、つって。

そいで数日たって、いつものように英語ブーム兄さんがそっと玄関から

去ろうとしてたんだけど。

ちょっとまってくれと。もうちょい泊まっていけと。

ブログも始めたことだしもうすこし長居していただこうと。

 

で、やっぱまずは学習目標および学習計画。

からの、計画倒れ。いっつもね。

だが、今回はちがいます。と言いたい。思いたい。

年を重ねると自分の学習能力がどんくらいのもんか分かってくる。

馬鹿が身に染みるようになります。

 

だいたいさ、ベストセラーになってる英語学習方法の著者の方々の学歴の高さよ。

みなさん、考えてもみてくださいよ。

昨今、学歴偏重社会が薄まってきてる、っつてもですよ、奥さん。

やっぱし脳みその構造がちがうわけですよ。たぶん。ええ。

そんな有能な著者さん達が『これで英語マスターしたっすわ』っつわれても。

はぁ、そすか。と思うわけでございます。

でわたくしめの学歴と言ったらもうあれですよ、あれ。ええ。

暗記力なんてあって無いようなもんすよ。

 

で、ちょいと思ったんだけど。

勉強しようとするから挫折すんじゃね?

英語話したいっす⇒勉強しよう⇒続かねっす⇒挫折。という構造。

ゆえに、

英語話したいっす⇒話してみればいいじゃない⇒話せた、話せたよ!!

⇒大・成・功という感じにしたい。

 

・・・(゚Д゚)ハァ?

 

キタコレ!!天才!!

とりあえずDUO3.0っつう単語帳の音読すっから。

なんか成果あったらまた書きまーす。

 

教訓:ハロー。ローファーって回文みたいだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました